太陽光やオール電化は電気設備工事店へ依頼|エレクトリック革命

内観

光熱費の節約

作業員

太陽光発電にしていない場合でも、お得な電気プランを選択することで料金を安くすることが出来る場合があります。どの時間帯に電気をよく使うのか、逆に電気をあまり使わない時間帯はいつかを把握して、料金プランを考えてみましょう。

詳細へ

安全な生活

ワーカー

住宅の災害であげられるのが火災です。その火災の原因の一つがガスコンロです。また、ガスコンロをオール電化のIHコンロに交換することで火災の心配が無くなるので、生活での安全面や安心感が得られます。

詳細へ

自然エネルギーで

住宅

最近では電気設備工事店に工事を依頼して太陽光発電を取り付けている家庭も増えてきたのではないでしょうか。省エネ住宅として、国から補助金が太陽光発電の取り付けを後押ししてきました。そうして太陽光発電を取り付けた後に気になってくるのが、オール電化ではないでしょうか。太陽光発電にすることで、これまで使ってきた電気代を節約出来るようになります。自家発電で足りない分だけ、電気を購入したらいいのです。もし、太陽光発電で使わなかったぶんの電力があった時にはその電力を電気会社に売ることが出来るので、電気代はより安くなります。光熱費は主に、電気、ガス、水道の3種類です。そして、それぞれに基本料金が含まれてきます。ガスを電気に変えると、まず基本料金分の節約が出来ます。さらにオール電化でガスコンロからIHに変えると、火事の心配もなくなってきます。更にオール電化にすることで、床暖房にすることなどもできちゃいます。しかし、家をオール電化にしようとした場合、電気工事にどれくらいの費用が必要になるのかが気になるところですよね。電気設備工事店に依頼して電気工事にかかる総額としてはだいたい50~60万円前後になってくるようです。これまではオール電化に変えるための器具の値段が高く電気工事の総額に80万円前後の金額が必要だったみたいです。そうした器具の値段が段々と安くなってきた現在は、電気工事の総額が50~60万円前後で行えるようになってきています。もちろん導入する器具の内容によって値段は変わってきます。しかし、電気工事を1度行なってしまったら、その後は電気代だけで家の発熱をまかなうことが出来るようになります。

火力の問題

内観

料理をする時には火を使った料理が多いですが、IHコンロは本物の火を使わなくても料理ができます。また、IHコンロは掃除が簡単にできますので、手間がかからなくて楽なのです。

詳細へ